1. HOME
  2. 患者様・一般の皆様
  3. 治療法について
  4. バルーン血管形成術

バルーン血管形成術~ インターベンション治療 ~

バルーン血管形成術は侵襲性の低い治療であり、狭くなった動脈を血管の内側から押し広げます。バイパス術と同じく、冠動脈疾患および末梢動脈疾患の治療に幅広く用いられている標準的な治療法です。この治療は、酸素を豊富に含んだ血液を心臓の閉塞部または身体に十分に行き渡らせることを目的とします。カテーテル検査室(「カテ室」)で局所麻酔を用いて行われます。

経皮的バルーン血管形成術(POBA)

従来のバルーン血管形成術は、「経皮的バルーン血管形成術(POBA)」とも呼ばれ、狭くなった血管を機械的に広げます。バルーン血管形成術は通常、カテーテル検査室(「カテ室」)と呼ばれる院内の特別な部屋で局所麻酔を用いて行われます。

血管系に挿入するためには、鼠径部周辺の皮膚に小さな切開口を作り、大腿動脈にイントロデューサーシースを挿入します。ステントとバルーンの挿入はこのイントロデューサーシースを介して行われます。イントロデューサーシースを用いることで、処置中に必要な器具を自由かつ安全に挿入することができます。まれに腕の血管が閉塞している場合には、周辺にカテーテル挿入部位を作成します。イントロデューサーシースが適切に設置されたら、血管にカテーテルを挿入します。正確な狭窄部位を特定するために、カテーテルに造影剤を注入します。次に、X線を用いて、狭窄または閉塞した血管部分の位置と程度を調べます。

放射線不透過性先端部を有するガイドワイヤーをガイディングカテーテルに沿って狭窄部まで移動させ、病変部位を通過するまで進めます。ガイドワイヤーを使用し、バルーンカテーテルを狭窄部まで誘導します。次に、カテーテルに造影剤を注入し、バルーンの先端を拡張します。広がったら、バルーンで血管内側のプラークや塞栓物質を押し広げ、血管を拡張します。十分な拡張がなされれば、バルーンを収縮させて体内から抜き取ります。その他すべての器具も抜去し、穿刺部位を入念に止血します。

ページトップリンク