1. HOME
  2. BIOTRONIKについて
  3. 沿革

沿革

1960年代 - 機会の探求

BIOTRONIK社は1963年に物理学者マックス・シャルダッハと電気技師オット・フランケによるドイツ初の植込み型ペースメーカの開発とともに設立されました。当初は短いバッテリー寿命やバッテリー残量の不正確さ、リードをペースメーカと心臓に接続する確かな方法の開発など、主に基本的な問題の解決に重点を置いていました。こうした研究開発の結果、今日のペースメーカ技術において画期的な出来事とされる一連のイノベーションを実現したのです。

初代ペースメーカ

1970年代 - 活動の場の拡大

マックス・シャルダッハがフリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲンの医用生体工学教授に任命されたことを機に、BIOTRONIK社の研究開発は前進しました。
スティミュレーションテクノロジー社の獲得直後、BIOTRONIK社は米国オレゴン州レイク・オスウェーゴに生産施設を建設し、またバイオメディカル産業用の先進的ハイブリッド回路やモジュールの開発と生産にも着手し、ペースメーカ技術における飛躍的発展を遂げました。

1980年代 - 新しい展望

生理的ペーシングの実現がペースメーカ治療の新たな局面の始まりを告げました。1960年代からデュアルチャンバペースメーカを扱い、DDD 技術の課題に対処する準備が十分に整っていたBIOTRONIK社は、Diplos03ペースメーカでヨーロッパ市場をリードする立場へと急成長を遂げました。
1980年代の技術面および商業面での成功により、BIOTRONIK社はヨーロッパ、南米、アジアへの進出を果たしました。

デュアルチャンバーペースメーカ

1990年代 - 製品ポートフォリオの拡大

1993年、BIOTRONIK社は、植込み型除細動器を製品ラインに加えました。診断用および高周波アブレーション用カテーテルを製品ラインアップに加え、現在では心臓電気生理学的治療に対応する幅広い製品ポートフォリオを提供しております。
1995年、BIOTRONIK社は、冠血管と末梢血管の拡張用バルーンカテーテルやステントなど、バスキュラーインターベンション領域のデバイスを製品ラインアップに加えました。

ステント

2000年以降 - 新世紀における挑戦

BIOTRONIK社の遠隔モニタリングシステムは、患者様がご自宅などにいても、植込まれたデバイスの最新データを医師がウェブサイトを通じて確認できるシステムです。この技術により、患者様への適切な治療と効率的ケアの組み合わせを実現しました。
技術革新は、バスキュラー・インターベンション領域での治療発展にも貢献しています。

患者さまの安全とQuality of Lifeの向上は、
BIOTRONIK社の主要課題の一つであり、今後も取り組み続けてまいります。

ページトップリンク