1. HOME
  2. 患者様・一般の皆様
  3. 治療法について
  4. 冠動脈バイパス術

冠動脈バイパス術~ インターベンション治療 ~

バイパス術は開胸心臓手術です。侵襲性の低い治療法が選択できない場合に適応となります。健康な血管の一部を動脈の閉塞部分につなぎ、新しく血液の流れる道(バイパス)を作成することをコンセプトとします。バイパス術の施行には全身麻酔が必要となります。最初に、執刀医が患者様の別の部位から健康な血管を一部採取します。この採取した血管をグラフトといいます。その後、閉塞動脈にアクセスし、グラフトの一端を上方の健康な血管部分につなぎます。もう一端は閉塞部分より末梢の血管につなぎます。これによって血流を迂回させ、心臓への酸素供給を改善します。

ページトップリンク